« メンバー募集中!! | トップページ | 追悼:Wayne Henderson »

2014年3月26日 (水)

【FM島田】旅立つ君へ②

3月最後の火曜日、FM島田の「ディスカバリーRadio」のコーナーにお邪魔してきました。
今回は昨年(2013年3月)もやった「旅立つ君へ」の2回目。

Songs_for_you_2_2

Op. The Direction You Take / 松居和 featuring Jennifer Warnes
from 幻の水平線/松居 和 フィーチュアリング カルロス・リオス(1982年)
作詞:Kazu Matsui、作曲:Tetsuji Hayashi

大好きな曲の1つで、前回(2013年3月)の「旅立つ君へ」特集の最後にかけた曲。
スケールの大きなメロディと「丘からの祝福を感じ、風と一つになって日の出に向かって帆をあげる。波の上を渡る風の意味を知れば、方角がきっと見えてくる。」というメッセージが新しい旅立ちにふさわしいと思うので、オープニングで再度。

今回は「夢」をキーワードに2曲、島田を離れてもFM島田聴いてねっていう思いを込めて1曲、紹介しました。

1. Dreams Come True / Bill Hughes
from 「Dream Master」 1979年
作詞:作曲:Bill Hughes

関西で輸入盤が爆発的に売れ、1980年1月に日本盤が関西地域限定で発売、それが話題となってその人気は全国に広まり、その後全国発売されたという曰く付きの名盤。ジェイ・グレイドン、アーニー・ワッツ、ジェフ・ポーカロ、ウィルトン・フェルダーらが参加。
1991年にはビリー・ヒューズという名前で、ドラマ「もう誰も愛さない」 の主題歌「とどかぬ想い(Welcome to the Edge)」を日本でヒットさせているそうですが、まったく記憶がない...吉田栄作主演だったらしい。

大学に入学して一人暮らしを始めて、比較的スグに買ったアルバムで、よく聴いていました。さらっと明るい気分になれます。

【歌詞抜粋】
夢はきっとかなう ただ信じ続けていればいい
夢はきっとかなう だから夢を持ち続けよう
もし夢を追い続けて ひとりぼっちだと不安になったら
自分の気持ちを信じ 信念に従おう
深い海から届く声を聞けば自分を取り戻せる

BGM: Don't Worry, Be Happy / Bobby McFerrin

2. 夢のヒヨコ / 矢野顕子
from 「ポンキッキーズ・メロディ」 1995年
作詞:糸井重里、作曲:矢野顕子

フジテレビ系列で1993年10月1日から2001年3月31日及び2005年4月2日から2006年3月25日まで放送された子供向けテレビ番組から生まれたアルバムから。
僕がカラオケでよく歌う「歩いて帰ろう」(斉藤和義)もこのアルバムに。夢を持って生きようよ、というメッセージは子供も大人も関係ないですよね。

【歌詞抜粋】(二番)
コドモはオトナになれるんだけど
オトナもコドモになれるって
おおきなコドモとちいさなコドモ
どっちもヒヨコを飼えばいい
だってだれでも だれでも
夢のヒヨコを飼えるんだもん
夢のヒヨコを飼えるんだもん

4. Lucky Radio / Samuel Purdey 4分02秒
from 「Musically Adrift」 1999年
作曲・作詞:Samuel Purdey

中学、高校の時も、FMは時々聴いていたのだけど、一人暮らしを始めたころは、ラジオを聴いているかレコード聴いているか、ってな生活でした。
この番組を聴いてくださっていて、島田を離れて新しい生活を始める方、これからも時々聴いていただけると嬉しいですね。PCでもスマホでも聴ける時代になりましたから。ふるさとの暖かさを伝えられるような音楽コーナーにしていきたいと思います。
呼んでいただけるうちは...

ということで、2011年3月から1年間、FM島田で放送されていた「Bon Voyage(ボンボヤージュ) のモーニングカフェ~素晴らしき音楽仲間たち~」で教えてもらった、カッコいい曲を最後に。

「♪Takes me home Lucky Radio On your own Lucky Radio


   

|

« メンバー募集中!! | トップページ | 追悼:Wayne Henderson »

FM島田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69258/59357484

この記事へのトラックバック一覧です: 【FM島田】旅立つ君へ②:

« メンバー募集中!! | トップページ | 追悼:Wayne Henderson »