« ぴーぼーん(その3) | トップページ | 【FM島田】ペギー・リー »

2013年12月25日 (水)

【FM島田】Let's Christmas Party!!

前回がしっとりと「The Christmas Waltz」だったので、今回は派手目に。(^^

Congress_smart

オープニング: Here Comes Santa Claus - Joy to the World / Chicago
邦題:サンタクロースがやってくる~もろびとこぞりて
(from 「Chicago XXXIII: O Christmas Three」 2011年)

アメリカのジーン・オートリーとオークリー・ホールドマンとの共作による1947年のクリスマスソング。ジーン・オートリーの歌でヒットし、1957年にエルビス・プレスリーがカバーして大ヒット。

ジーン・オートリー(Gene Autry/1907-1998):
1930年から40年代のアメリカ西部劇において、「歌うカウボーイ(Singing cowboy)」(アクションよりも歌を優先したスタイルで、いわゆる「ミュージカル西部劇」とでも言うべきジャンル)のスタイルを確立させた人物。

シカゴのクリスマス・アルバム(3作目)、マンネリ化しつつあります(オリジナル・アルバムは作る気がなさそう…)が、この曲は後半の2曲が同時に演奏されるところがポイントかな。最後に「メリー・クリスマス!」という声も入っています。

1. Boogie Woogie Santa Claus / The Brian Setzer Orchestra
(from 「Boogie Woogie Christmas」 2002年)

ロックンロールのソングライターのレオン・レネによって書かれたクリスマス・ソング。
最初のヒットは1948年のメイベル・スコット(1915年4月30日~2000年7月19日)によるもので、ビルボード・レイス・レコード・チャート のトップ15に入った。
パティ・ペイジ(1927年11月8日~2013年1月1日)の最大のヒット(13週間にわたって1位の座にあり、累計売上げ枚数は600万枚に達しビルボード誌のヒット・チャートで1950年代最大のヒットを記録)となった「テネシー・ワルツ」(1950年)のB面に収録されていた。

金髪リーゼントがトレードマークのブライアン・セッツァー、地毛は黒だとか。(^^

2. Santa Claus Is Coming To Town / The Pointer Sisters
邦題:サンタが街にやってくる
(from 「A Very Special Christmas」 1987年)

ヘヴン・ギレスピー作詞、フレッド・クーツ作曲のクリスマスソング。
1934年11月にラジオ番組で初めて放送され、同曲の楽譜が40万部以上の売り上げとなる。
1934年にジョージ・ホールが初めて録音し、今日までに、数多くの有名なアーティストによってカバーされている。ビルボード・チャートでは、1970年と1971年にジャクソン5、1985年にブルース・スプリングスティーンのカバーが「Special Christmas Chart」で1位を獲得。

ポインター・シスターズ:
カリフォルニア州オークランド出身。ルース(1946年3月19日~)、アニタ(1948年1月23日~)、ボニー(1951年7月11日~)、ジューン(1953年11月30日~2006年4月11日)の四姉妹 。
幼い頃からゴスペルに親しみ、聖歌隊で歌い始める。高校卒業後、4人はロサンゼルスに渡り、1973年にデビュー。
1975年には「フェアリーテイル」でグラミー賞の最優秀カントリーボーカルグループ賞を受賞。その後はR&Bやディスコに方向性を模索しつつ、1977年にはボニーがソロ転向のため脱退、三人組となる。
1984年には流行のダンサブルなサウンドで4曲のトップ10ヒットを放ち、グラミー賞で2部門を獲得、1985年には「ウィ・アー・ザ・ワールド」にコーラスで参加。
1990年代以降は表舞台から遠ざかったが、1996年のアトランタオリンピックの閉会式で歌を披露。

3. Red-Suited Super Man / Rod Stewart
(from 「Merry Christmas, Baby」 2012年)

ロッド・スチュワート、デヴィッド・フォスター、エイミー・フォスターによるオリジナル曲。

昨年のクリスマス後に買った(出てるの知らなかった...)アルバムで、この1曲を除いて、すべてカバー曲です。「星に願いを」まで入ってますが、まぁ、クリスマスっぽいかも。
「What Are You Doing New Year’s Eve?」は故エラ・フィッツジェラルドとの疑似デュエット(1960年のエラのボーカルと)となっています。
いいアルバムですよ。

ロッド・スチュワート(1945年1月10日~):
北ロンドン、ハイゲイで誕生。1963年にジミー・パウエル&ファイヴ・ディメンションズにバック・ヴォーカリストとハーモニカで参加したのを皮切りに、数々のバンド゛に在籍。その後もジェフ・ベック・グループ、フェイセズのリード・ヴォーカリストとしての活動と並行してソロ・アルバムを精力的に発表し、現在までロック・シーンのみならず比類無きヴォーカリストとしての存在を確立し続けている。
2002年より発表している「ザ・グレイト・アメリカン・ソングブック」シリーズでは、2005年、デビューから40年にして初のグラミー賞を受賞している。


|

« ぴーぼーん(その3) | トップページ | 【FM島田】ペギー・リー »

FM島田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69258/58819121

この記事へのトラックバック一覧です: 【FM島田】Let's Christmas Party!!:

« ぴーぼーん(その3) | トップページ | 【FM島田】ペギー・リー »