« 島田大祭(帯祭り) 2013 | トップページ | 【FM島田】Jazz Friday A to Zoo vol.1 »

2013年10月23日 (水)

【FM島田】スチールパン特集②

1233286_485571584883932_418517557_o

FM島田「ディスカバリーRADIO」のコーナー、10月22日放送分。

リクエストをいただき、スチールパン特集の2回目。
とはいえ、普通にスチールパンが目立つ曲を選んでも面白くないので、歌もの3曲。

Kimg0653


Opening. Happy Lypso / Monty Alexander Quintet
ハッピー・リプソ / モンティ・アレキサンダー・クインテット (from 「Ivory & Steel」 1980年)

オープニングのみインストで。

1. Another Rainy Day In New York City / Chicago
雨の日のニューヨーク / シカゴ (from 「Chicago X (カリブの旋風)」 1976年)

間奏とエンディングでスチールパンが使われています。スチールパンはオープニングと同じく、オセロ・モリノー。
1976年度グラミー賞「最優秀ポップ・グループ」受賞のアルバム“カリブの旋風”からのファースト・シングル(1976年・全米32位)。
ちなみに、セカンド・シングルは、シカゴ初の全米No.1ヒット曲となった、ピーター・セテラの代表曲とも言える、「愛ある別れ(If You Leave Me Now)」。

2. (Wanted) Dead Or Alive / Manhattan Transfer
おたずね者 / マンハッタン・トランスファー (from 「Mecca For Moderns」(モダン・パラダイス) 1981年)

スチールパンはアンディ・ナレル。
コミカルなボーカルとスチールパンがよく会います。今年の東京JAZZにも出演してましたが、残念ながら、ここでリード・ボーカルを取っているリーダーのティム・ハウザーは療養中で来日しませんでした。早く回復されますよう。

3. Ain't Nobody Ever Loved You / Aretha Franklin
エイント・ノーバディ・エヴァー・ラブド・ユー / アレサ・フランクリン (from 「Who's Zoomin' Who?」(フリーウェイ・オブ・ラヴ) 1980年)

イントロから、ほぼ全編でスチールパンが聴けます。スチールパンは前曲と同じく、アンディ・ナレル。
アレサの歌も、リラックスして楽しそうですね。

ちなみに、今回は紹介できませんでしたが、手持ちCDの中の以下2曲にもスチールパンが使われているのを発見(ディスカバリ)してます。(^^)

Worse Comes to Worst (陽気な放浪者) / Billy Joel (from 「Piano Man」1973年)
Don’t Let Me Down / Phoebe Snow (from 「It Looks Like Snow:雪模様」1976年)

前者は演奏者不明...後者はアンディ・ナレルです。


|

« 島田大祭(帯祭り) 2013 | トップページ | 【FM島田】Jazz Friday A to Zoo vol.1 »

FM島田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69258/58439848

この記事へのトラックバック一覧です: 【FM島田】スチールパン特集②:

« 島田大祭(帯祭り) 2013 | トップページ | 【FM島田】Jazz Friday A to Zoo vol.1 »