« 3月 | トップページ | 【FM島田】旅立つ君へ »

2013年3月13日 (水)

【FM島田】Just The Way You Are

3月は12日と26日の2回、FM島田「ディスカバリー・ラジオ」のコーナーにゲスト出演させていただきます。
(^^)

昨日、12日は「Just The Way You Are」特集。ちなみに、昔、ココにちょこっと書いてますね。
先月が「My Funny Valentine」特集で、女性から(さんざん相手の男性をこきおろした後で)「変わらないでいてくれたら毎日がバレンタイン♡」という歌詞だったのだけど、今回はホワイト・デーも近いということで、男性から「変わらないで」と相手の女性に歌いかけるこの曲を特集してみました。

Billy Joel(ビリー・ジョエル)のオリジナルは、1977年のアルバム『The Stranger(ストレンジャー)』に収録されていて、第1弾のシングル・カットでした。
当初はアルバムから外される可能性もあったのを、当時ビリーの妻がマネージメントを担当していたPhoebe Snow(フィービー・スノウ)が、バッキング・ボーカルとしてアルバム・セッションに参加していた際にこの曲を絶賛し、アルバムに収録することになったという話があるそうで。
収録されて良かったですなぁ。

ビルボード誌のシングル・チャートで、ビリーにとって初のトップ10入りを果たした曲で、最高位は3位。同誌のアダルト・コンテンポラリー・チャートでは1位を獲得し、その後、グラミー賞最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞の2部門を受賞。

1. Grover Washington Jr. (from "Reed Seed")

Grover Washington Jr.(グローバー・ワシントン・ジュニア)が、ソプラノ・サックスとバリトン・サックスで演奏(多重録音)していますが、割とライブっぽい感じに仕上がってますね。「Winelight(ワインライト)」で大ブレーク(日本で)する前のアルバムから。BGM的に流させていただきました。
m(_ _)m

2. Billy Joel (from "The Stranger")

本家。完璧ですね。(^^
クレジットに無いのだけど、イントロのローズ(エレピ)はRichard Tee(リチャード・ティー)らしい。いい音してますよねぇ。
そして、アルト・サックスはフィル・ウッズ。歌伴ソロの最高峰。

3. Tuck & Patti (from "A Gift Of Love")

アルバム・バージョンの動画は見つからなかったけど、若いころ?のライブバージョンがありました。「Lovin' You」が挟まってます。(^^

Tuck & Patti(タック&パティ)のアルバムですが、この曲は Tuck Andress(タック・アンドレス)のソロ演奏。
ちなみに、このアルバムしか持ってません。(^^;

4. Diana Krall (from "Live In Paris")

最後は女性ボーカルで。
先月の「My Funny Valentine」は、元々女性から男性に向けた歌で、男性が歌ってるものは、なんとなく違和感があるのだけど、この曲は女性が歌ってもいい感じだと思うな。

途中のテナー・サックスのソロは Michael Brecker(マイケル・ブレッカー)。このBlogとのお付き合いが長い方はご存じだと思うけど、僕は大のマイケル・ファンなんですが、この曲に関しては、やっぱりフィル・ウッズのソロには及ばないなーと。楽器の特性もあるかもしれないけどね。
でも、フィル・ウッズに敬意を払っているようなフレーズは、とても好感がもてます。さすが、マイケルっ。



|

« 3月 | トップページ | 【FM島田】旅立つ君へ »

FM島田」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69258/56946139

この記事へのトラックバック一覧です: 【FM島田】Just The Way You Are:

« 3月 | トップページ | 【FM島田】旅立つ君へ »