« Chain Reaction / The Crusaders | トップページ | 3月 »

2013年2月12日 (火)

【FM島田】My Funny Valentine

今月のFM島田出演は、本日2月12日でした。聴いてくださった方、ありがとうございます。(^^

明後日がバレンタイン・デーということで、「My Funny Valentine」特集。25分ぐらいの放送で、4曲はちょっとキツいかなー。

「My Funny Valentine」は、1937年の舞台ミュージカル「Babes in Arms」のためにかかれた曲で、作詞:ロレンツ・ハート、作曲:リチャード・ロジャースによるもの。ミュージカルはコケたらしいが、チェット・ベイカーがこの曲をレパートリーとして取り上げ、1953年にフランク・シナトラが歌って有名になり、1950年代に最も多く録音されたスタンダードとなった、らしい。(^^

1. My Funny Valentine / Miles Davis (from "Cookin'")

前回の「雪」特集の最後に、マイルスの「Someday My Prince Will Come」をかけたので、今回もマイルスから。
1957年に発表したアルバム「Cookin'」の1曲目。
ジャズ好きな方には今更って言われそうですが、プレスティッジからコロムビアへ移籍するにあたって、プレスティッジとの契約でLP4枚分の録音をしなくてはならなかったマイルス・デイヴィスが、1956年5月11日と10月26日の2日でLP4枚分を録音した、マラソン・セッションの中の1枚。
「まぁ、俺たちがやったことは、結局、(スタジオに)やってきて(曲を)料理しただけだからな」とのマイルスの発言からタイトルがつけられたらしい。


2. My Funny Valentine / Barbra Streisand (from "Simply Streisand"

ミュージカルの曲は、おなじみのメロディの前に「バース」と呼ばれる、前置きの歌詞が付いていることが多いのだけど、このバーブラのバージョンはそのバース付き。
ミュージカルの曲を多く集めた1967年のアルバムから。


3. My Funny Valentine / Bob Brookmeyer (from "Samba Para Dos")

バルブ・トロンボーンの名手、ブルックマイヤーが。アレンジャーのラロ・シフリンと組んで録音した、1963年のアルバムから。
軽いサンバのアレンジで、さらっと1コーラスって感じ。こういうの聴くと、バルブ・トロンボーンもちゃんと練習しようかな、と思う。最近再発されて入手したアルバムです。


4. My Funny Valentine / Chaka Khan (from "Waiting to Exhale")

ホイットニー・ヒューストン主演の「ため息つかせて」(1996年日本公開)のサントラ盤に収録されている、大好きなシンガー、チャカ・カーンの歌で。
映画は観てないのだけど、チャカ・カーンの「My Funny Valentine」が入ってるっていうんで買ったアルバム。他の曲もすべて女性アーティストによるもの。
機会があれば、チャカ・カーン特集もやってみたいですね。


そんなわけで、「My Funny Valentine」特集、お楽しみいただけたでしょうか?(^^
次回は、「新生活を始める君に贈る歌」(仮称)特集の予定です。今のところ、ノープラン...(^^;

|

« Chain Reaction / The Crusaders | トップページ | 3月 »

FM島田」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69258/56753242

この記事へのトラックバック一覧です: 【FM島田】My Funny Valentine:

« Chain Reaction / The Crusaders | トップページ | 3月 »