« 第7回島田高校吹奏楽部OB演奏会 | トップページ | 【FM島田】月がツキを呼ぶ »

2012年8月26日 (日)

【FM島田】夏のセルメン

Facebookにちょこちょこ書いてると、こっちがおろそかになっちゃうなぁ。
Blogに残していくのも好きなので、重複しても、こっちにも書こうと思ってはいるのだけど。

ということで、8月21日に、またFM島田へお邪魔してきましたので、そこで喋れなかったことも含めて。

今回は、BGMやさわりだけかけたものを含めて、7曲。ディレクターさん、ありがとうございました。

まずは、セルジオ・メンデスといえば「Mas Que Nada」だと思うので、この曲をBGMに、セルジオ・メンデスの紹介を。
2011年の映画「RIO」 (邦題:ブルー 初めての空へ)のサントラから選曲してみた。このサントラ盤、セルジオ・メンデスも製作にかかわっていたようで、かなり良いアルバムに仕上がっていますよ。
映画は日本では公開されなかったようで、とても残念。

「Mas Que Nada」はセルメンの作曲と思っている方もいそうだけど、Jorge Ben(ジョルジ・ベン)の作品として、ブラジルにて1963年にシングルとして発売されたのが最初。ブラジルでは大ヒットしたけれど、世界的に有名にしたのは、セルメンですね。
1970年頃にザ・ピーナッツも録音していたようで、。1970年発表の「フィーリン・グッド~ピーナッツの新しい世界」というアルバムがCD化されていて、そのボーナストラックとして収録されているので興味がある方はどうぞ。

-----

【Sergio Mendes(セルジオ・メンデス)】

1941年2月11日、リオデジャネイロ近郊のニテロイで生まれる。7歳からクラシックピアノを習い12~3歳の頃からジャズのレコードを聴くようになる。
1961年~1964年頃はボサノバのバンドを組み活動。1961年にソロ・デビュー、1964年のブラジルでの軍事クーデターと息子の誕生をきっかけにアメリカに移住、1966年に「Herb Alpert Presents Sergio Mendes & Brasil'66」(邦題:「マシュ・ケ・ナダ」でアメリカデビューを果たし、収録曲「マシュ・ケ・ナダ」が世界的にヒット。オランダやハンガリーでは、チャート第一位を記録するほどで、このヒットでセルジオ・メンデスが世界中の様々なジャンルの音楽ファンに知られるところとなる。
71歳の現在も第一線で活躍しており、今年の4月末から5月初旬に来日し、素晴らしいライブを披露してくれた。

-----

今回のテーマは、「暑い夏にダンス・ミュージック」ということで、セルジオ・メンデスが「ダンス・ミュージック」をコンセプトに作った、2010年の「Bom Tempo」から、ラテンパーカッションやホーンセクションが活躍する曲を3曲選んでみた。で、裏テーマは、「セルジオ・メンデスが過去に別バージョンを録音しているもの」ということで、アレンジの面白さも伝えられたらいいなぁ、と。

1曲目は「Pais Tropical」。
Mas Que Nadaと同じく、Jorge Ben(ジョルジ・ベン)の作品。
1971年の同名アルバムに収録されていて、このアルバムからグループ名が、ブラジル'66からブラジル'77に変わった。奥様のグラシーニャ・レポラーセ(1950年~)がこの頃から本格的に参加しているそうです。
日本では、1972年に日本語バージョンのシングル盤が発売されている。CD化にあたり、日本盤にはボーナストラックとして収録されているので、「Bom Tempo」収録バージョンの後、日本語バージョンをかけてみた。

2曲目は、「So Tinha De Ser Com Voce(ソ・チーニャ・ヂ・セール・コン・ヴォセ)」(邦題:私はあなたのもの)。
アントニオ・カルロス・ジョビンの作品で、色々なミュージシャンが録音してる、ボサノバの名曲の一つ。
先に、1964年の「Bossa Nova York」に収録されているバージョンをちょっとかけた。ま、普通のボサノバ・アレンジ版で、ピアノ・トリオにアート・ファーマー(Tp)。
パーソナリティーの小栗みゆきさんには、このボサノバ・バージョンが好評でしたけど、本編はこちら。(^^

3曲目は「The Real Thing」
スティービー・ワンダーがセルジオ・メンデスのために書き下ろした曲で、1977年の「Sergio Mendes & the New Brasil'77」というアルバムに収録されてます。スティービー・ワンダー自身も参加。
「Bom Tempo」では、ディスコっぽく、Eath, Wind&Fire 風な仕上がりになっていて、カッコいい。SaxソロはEW&Fにも参加していて、今年の来日公演にも参加している Scott Mayo(スコット・メイヨー)。
時間があったので、これもオリジナル・バージョンを先にかけてみた。

というわけで、あっという間の20分ちょっと、でした。
聴いてくださったみなさま、ありがとうございました。

次回は「月」がテーマです。

     

|

« 第7回島田高校吹奏楽部OB演奏会 | トップページ | 【FM島田】月がツキを呼ぶ »

FM島田」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

セルメンいいですねheart01
島田に住んでないのが残念ですgawk

投稿: のだ | 2012年8月29日 (水) 20時18分

のださん、コメントありがとうございます!!
さすがに静岡までは電波届かないかな...(^^;
セルメン、改めて聴き直しましたが、すげぇおっさんだなーと、尊敬します。

投稿: いわ | 2012年8月30日 (木) 14時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69258/55518020

この記事へのトラックバック一覧です: 【FM島田】夏のセルメン:

« 第7回島田高校吹奏楽部OB演奏会 | トップページ | 【FM島田】月がツキを呼ぶ »