« デビュー(その2) | トップページ | ぴーぼーん(その2) »

2011年11月 5日 (土)

ぴーぼーん

Yellow_pbone

10月に発売ってのは知っていたのだけど、インターネットで探しても既に予約が終わってたり、次の入荷が来年だったり。海外サイトも、欲しい黄色は在庫が無いところが多く、ほとぼり冷めるまで待とうかと思っていたのだが、意外なところに在庫があった。

Amazon.com。おそるべし。黄色と緑は在庫があったので、さっそくポチっとしたのが2週間ぐらい前。
ということで、本日到着。


Case_2バストロンボーンでも入っていそうなダンボール箱で到着。でも軽ーい。
楽器が入っているとは思えない。さっそく開けてみると、緩衝材に隠れて、ソフトケースがちょこっと。
←左がpBone、右がBachのトロンボーンケース。






Pbone_yellowスライドとマウスピースを装着。
うーむ、サイズ的には、ちゃんとテナートロンボーンだな。
スライドは内管の先っぽだけ金属、あとはプラスチック。カシャカシャいうけど、使っているうちに摩耗してくるんだろうな。クリームとかは塗ってはいけないらしい。チューニング管は動きが悪いので、グリスを塗ってみた。動きが良くなりすぎたかも。(^^;

Pbone_mpマウスピースも本体にあわせて、プラスチック製のクリアイエロー。さすがに、ちょっと、いや、ずいぶん、ちゃっちい感じ。
Kellyのマッピの到着を待とう。
金属のマッピつけると、バランス悪そうだ。それほど、本体が軽い。
pBoneばっか使うと、普通のテナーも重たく感じちゃうらしい。使い過ぎに注意。

Jointスライドとベルのジョイントは、差し込むだけ。ゴムかなんかで抜けにくくはなってるけど、前にアップした動画みたいに、ぽろっと抜けちゃうこともありそうだな、
このあたりの耐久性は怪しいかもしれないね。
すこすこになっちゃったら、コント用トロンボーンだ。






Logo最後は、ベルと、ソフトケースにプリントされた、「pBone」のロゴ。ソフトケースは、まぁ、おまけみたいなもんで、ぺらっぺら。
ちゃちでもいいから、プラスチック製のケース(中のクッションとか要らない訳だし、そこそこ安く作れるんじゃないか?)が付属してればいいのになぁ。


そんな訳で、演奏感のレポートは、明日。

P.S.

実は、市民文化祭の日に、なんと、静岡の「音楽舎」さんに赤と青の在庫があることを知って驚いた。灯台もと暗しー、大正デモクラシー。さづかさん、なかさんが、それぞれ青と赤をゲット。
pBoneカルテット結成のため(?)、あとは緑だよ。>○○○さん

|

« デビュー(その2) | トップページ | ぴーぼーん(その2) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

モモレンジャーがいませんよ?

投稿: かきもとゆうこ | 2011年11月 5日 (土) 22時38分

ども。こっちでははじめまして。>かっきー
海外ではピンク、パープルがあるっていう噂が。まぁ、あるなら日本にも入ってきそうなので、プロトとしてはあったけど、製品化されなかったのかも。
たぶん、赤を外に放置しておくとピンクに。
ならないか。(^^;

アカボンジャー、アオボンジャー、キボンジャー、ミドボンジャー、とりあえず4人体制で平和を守ります。

投稿: いわ | 2011年11月 6日 (日) 07時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69258/53167659

この記事へのトラックバック一覧です: ぴーぼーん:

« デビュー(その2) | トップページ | ぴーぼーん(その2) »